STORY

籠りの文化港の文化

和歌山県紀南地域が所在する牟婁郡の「牟婁」という地名には「籠もる」「隠る」「神々の室」という由来があり、豊かな山林資源の中に籠り、内面的な世界を探求することに秀でた歴史的な特色を有しています。高野山の信仰や熊野古道の宗教観は、社会的地位や、信仰、性別等を問わない日本における寛容性と多様性の源泉であり、南方熊楠や長沢芦雪といった奇想天外な人物を輩出し、魅了してきた歴史があります。

その一方、本州最南端の半島である紀南地域は、「開放性」を特色として、かつて黒潮ともに移民文化を醸成してきました。長い海岸線と良質な木材は、古代から高い造船技術を発達させ、物資輸送や水軍の拠点として、歴史上大きな役割を果たしています。堺で最初に利用された船は紀州富田の船であり、かつて富田浦は「港」としての起点を担い、経済文化の中心地でもありました。しかし、現在は残念ながら、牟婁の由来や過去に繁栄した港の存在は忘れ去られているため、本活動を通じて私たちは、その歴史的・文化的資産を現代に蘇らせたいと考えています。

GREETING

  • 藪本 雄登
    籠り、開きゆく世界 GREETING FROM GENERAL PRODUCER

    世界に広まった未曽有の感染症は、私達の価値観を揺るがしました。
    華美なものより、余計なものが削ぎ落とされた本質にこそ、価値が見出される時代になりつつあります。

    “籠もる牟婁 ひらく紀南”

    まさに -開かれつつ閉じゆく世界-、そして、-閉じながら開いてゆく世界- がここに紀南にあります。
    内なる自分と向き合いながら、世界を自由に探索し続けた熊楠のように世界は、紀南や、牟婁や、そして、熊野のような場所を求めているのではないでしょうか。

    “籠もる:牟婁”=“ひらく:紀南”?

    この方程式は正しいのでしょうか。“紀南”と“牟婁“は、地理上、ほぼ同義ですが、”籠もる“と”ひらく“は、実は“イコール”の関係で繋ぐことができるのではないでしょうか。現代においては、“ローカリゼーション”と“グローバリゼーション”は、なぜか言葉に隔てられ、分断されているようにみえます。それを分断と呼ぶなら、あえて分断を許容してもよいのではないでしょうか。

    長い海外生活を経た私の結論は、ローカリティこそが、世界における豊かさの根源であり、土着の歴史と文化を再度深く見直すことで、はじめてグローバルな世界と接合することができる、ということでした。無理に、安易に、グローバルな世界を目指す必要はありません。閉じていてもいい、開かれる前には、むしろ閉じるべきではないでしょうか。土着の歴史と文化を閉じて、再度深く見直すことで、はじめてグローバルな世界と接合するように思います。

    私は、紀南アートウィークが、そのような実践の場となること切に願います。

    総合プロデューサー 藪本 雄登

  • 宮津 大輔
    紀南、それは人と人、
    そしてアートが
    ケミストリーを起こす場所
    GREETING FROM ARTISTIC DIRECTOR

    世に芸術祭と呼ばれるものは数多あり、狭い日本の中にも大小数えられない程に存在しています。
    開催地域のコミュニティにとって、大規模な公金投入は果たして正しい選択なのでしょうか?
    話題性を優先した新作至上主義は、アーティスト達を疲弊させてはいないでしょうか?

    国内には、拠点空港と地方管理空港だけでも82箇所が存在しています。
    狭隘にして急峻な国土に加え、多くの島嶼を有するため、それらの大半は中・小規模であり、ゆえに需要集約は簡単なことではなく、就航路線の採算性低下が懸念されています。

    “籠もる牟婁 ひらく紀南”

    紀南は、熊野古道や牟婁郡に代表される「籠りの文化」と、富田港から南紀白浜空港にアップデートされつつある「港の文化」という、一見すると相反する要素が無理なく共存・並立する地域特性を有しています。

    温泉や白砂のビーチを擁する観光地・白浜と、熊野への玄関口であり古の宿場である田辺に点在する様々な歴史、文化、風俗が積層した「場」において、グローバルに活躍する巨匠から、地域に縁のある若手まで15人のアーティストによる作品を展示します。
    その大半は、今まで国内の美術館やアート・センターではほとんど見ることのできなかった作品であり、通常は美術品専用倉庫に眠る個人コレクションです(一部委嘱制作を含みます)。
    各作品が包含するコンセプト(問題提起)やナラティブ(物語)は、特別な場所との間に”ケミストリー”(化学反応)をお越し、訪れた皆様に他では得難い鑑賞体験を提供するものと信じています。

    優れたアート作品には、骨太なコンセプトと私たちの視覚に訴える”美”が共存しています。

    近頃、巷で流行しているアート思考のような安易で直接的な“解”は存在しませんが、じっくりと対峙すれば、今までとは異なる視点を見つけ出す糸口を示唆してくれるはずです。
    紀南は、空港を中心として、訪れる皆様全てに開かれています。
    お気に入りの場所で籠るように、気になった作品を堪能して下さい。

    そして、世界に誇るホテル川久やアドベンチャーワールドに加え、田辺にも白浜にも居心地が良く素敵で美味しい喫茶店やバー、レストランがあります。
    あるいは、大都市には負けてないけれども異なったテイストの洋服屋、古書店が、あなたの来訪をお待ちしています。

    どうぞ思う存分に籠り、思い切り心を解放して下さい。

    アーティスティック・ディレクター 宮津 大輔