KINAN ART WEEK

  • 廣瀬智央 みかんの苗木の旅

    廣瀬智央 みかんの苗木の旅

    HIROSE Satoshi: A Journey of Citrus Sapling(Main Image: 廣瀬智央)みかんの苗木の旅は、紀南アートウイークのプロジェクト「みかんコレクティヴ」のひとつとして、長い期間を通して行われるプロジェクトとして2022年に始動しました。「みかんコレクティヴ」は、地域の特産物でもある、みかんなどの柑橘類に注目し農産物として「みかん」を捉えるのではなく、「みかん」を通しての農業、歴史、食、まちづくり、景観、教育、地域の連携、アートなど、

  • 特別トークセッション「土と根の記憶 カンボジアと紀南/熊野から」テキストアーカイブ

    特別トークセッション「土と根の記憶 カンボジアと紀南/熊野から」テキストアーカイブ

    2022年10月7日(金)、みかんマンダラ展の関連イベントとして開催した特別トークセッション『土と根の記憶 カンボジアと紀南/熊野から』を文字起こしをした テキストアーカイブです。日時:2022年10月7日(金)18:00~会場:愛和荘参加費:無料ゲスト:クヴァイ・サムナン氏(カンボジアの現代アーティスト)、石倉 敏明氏(秋田公立美術大学美術学部 准教授)モデレーター:藪本 雄登(紀南アートウィーク 実行委員長/総合プロデューサー)通訳:森山 歩美ゲストスピーカークヴァイ・サ

  • Vol.5 『みかん神話 紀南の神を知ろう』トークショー ・テキストアーカイブ(後編)

    Vol.5 『みかん神話 紀南の神を知ろう』トークショー ・テキストアーカイブ(後編)

    2022年10月22日(土) 、みかんマンダラ展会期中に開催したトークショー「みかんダイアローグ vol.5」のテキストアーカイブの後編です。前編はコチラ>>目次2.【パネルディスカッション】紀南の神さまの発見1)原さんと坂本さんの紹介2)みかんと神様3)熊野と高千穂の神4)目には見えない「根」が大切5)熊野の信仰3.【質疑応答】4.【さいごに】2.【パネルディスカッション】紀南の神さまの発見撮影:丸山由起藪本:貴重なお話、本当にありがとうございます。山本先生からはさまざまな

  • Vol.5 『みかん神話 紀南の神を知ろう』トークショー ・テキストアーカイブ(前編)

    Vol.5 『みかん神話 紀南の神を知ろう』トークショー ・テキストアーカイブ(前編)

    2022年10月22日(土) 、みかんマンダラ展会期中に開催したトークショー「みかんダイアローグ vol.5」の動画&テキストアーカイブの前編です。https://www.youtube.com/watch?v=GhlpU10rDfI<開催日時>日時: 2022年10月9日(日)15:00〜17:00会場:Tanabe En+ 2階セミナールーム(オンライン配信)参加費:無料定員:25名ゲストスピーカー:山本哲士 氏(文化科学高等研究院ジェネラル・ディレク

  • ポスト成長期への準備のための「みかんマンダラ」展

    ポスト成長期への準備のための「みかんマンダラ」展

    太田和彦(1)ポスト成長期に、「みかん」を食べることを考える方法について国連は、2022年11月半ばに世界人口が80億人を突破したと報告しました。2080年代に約100億人前後に達することが見込まれています。しかし、人口増加率は緩やかになっており、この100億人前後をピークとして世界人口の減少が予測されています[United Nation 2022]1。今日、1950年代以降の、「大加速」(great acceleration)[Steffen et al. 2015] 2。

  • 異次元の果実の輝き

    異次元の果実の輝き

    *単線的/単層的な時空間を超えるマンダラの思想をめぐって*唐澤太輔(秋田公立美術大学准教授)1、非時香菓我々日本人のよく知るみかんの祖先は、橘(Citrus tachibana、ヤマトタチバナ、ニッポンタチバナ)だと言われる。そして『日本書紀』で、その実は「非時香菓(ときじくのかくのみ)」と記されている。(垂仁天皇)九十年1)の春二月の庚子の朔に、天皇、田道間守に命せて常世国に遣し、非時香菓を求めしたまふ。〈香菓、 此をば箇倶能未と云ふ。〉今し橘と謂ふは是なり。(『日本書紀』

  • みかんと人間の芸術人類学 (後編) 

    みかんと人間の芸術人類学 (後編) 

    -「みかんマンダラ」展を終えて-中編はコチラ >>(3)菌と共生 / 菌根ネットワーク南方熊楠顕彰館からほど近い場所に位置する、アーティストの杵村(廣本)直子と杵村史郎が運営する古民家アトリエ「もじけハウス」。そこに隣接するSOUZOU(旧岩橋邸)では、屋内、植生豊かな庭と蔵にて、熊楠が生涯を通して見つめ続けた菌や植物などをテーマに、アジアのアーティストたちの見つめる「植物」との関わりとその多様な視点を紹介しました。私たちが肉眼で見ることのできない菌の世界は、地中の植物の根と