お知らせ

    紀南アート・ラジオ#17を配信しました。

    紀南アートウィークの活動に限らず、アートにまつわる様々なトピックをお届けする【アート小話】のコーナー。

    今回は、昨年の年末に台湾に弾丸ツアーに行ってきたというやぶさんに、いろいろ伺ってみました。

    ・台北ビエンナーレに行ってきました

    ・グローバルな荒波の中にある『小さな世界』

    ・ついつい、のぞきこみたくなる

    ・西欧社会の周縁としての日本

    ・台湾のアート予算がすごい

    ・実はレジデンスアーティスト発掘の旅でもあった

    ・やっぱ台湾といえばメシでしょ?

    ・海と山の間を流れゆくもの

    ・ぜんぜん “映え” ない台湾トーク

    どうぞお楽しみください。

    【会話中に出てきたトピックのご紹介】

    ■第13回 台北ビエンナーレ(Tokyo Art Beat)

    https://www.tokyoartbeat.com/articles/-/taipei-art-guide-202309
    ■タカモリ・ノブオ(ART iT)

    https://www.art-it.asia/tag/タカモリ・ノブオ/

    ■台湾国際ビデオアート展

    https://www.twvideoart.org/tiva_23/

    ■Li Jiun-Yang『The Psychedelic Spiritual Ceremony (2023)』

    https://www.taipeibiennial.org/2023/content/participant-li-jiun-yang

    ■Jen Liu『The Land at the Bottom of the Sea (2023)』

    https://www.taipeibiennial.org/2023/content/participant-jen-liu

    ■Li Yi-Fan 『What Is Your Favorite Primitive (2023)』

    https://www.taipeibiennial.org/2023/content/participant-li-yi-fan

    ■許家維 – シュウ・ジャウェイ(美術手帖)

    https://bijutsutecho.com/magazine/interview/19499

    ■『この国(近代日本)の芸術――〈日本美術史〉を脱帝国主義化する』小田原のどか (編集), 山本浩貴 (編集)

    https://getsuyosha.jp/konokuni/

    ■「マイナー・トランスナショナリズム」を巡る対談(月曜社)

    https://getsuyosha.jp/20220711-2/

    ■2019 Asian Art Biennial『The Strangers from beyond the Mountain and the Sea』

    https://www.e-flux.com/announcements/280944/2019-asian-art-biennialthe-strangers-from-beyond-the-mountain-and-the-sea/

    ▼モデレーター

    下田 学(紀南アートウィーク)

    ▼ゲスト

    藪本 雄登(紀南アートウィーク)

    ▼紀南アートウィーク 公式HP

    https://kinan-art.jp

    ▼オープニングテーマ

    AWAYA / あわ屋(サウンドアートユニット)

    ⁠⁠⁠http://www.awayajp.com/⁠⁠⁠

    ▼BGM

    Mrs. Zazzara by Loxbeats https://soundcloud.com/loxbeats Creative Commons — Attribution 3.0 Unported — CC BY 3.0

    City Life by Artificial.Music https://soundcloud.com/artificial-music Creative Commons — Attribution 3.0 Unported — CC BY 3.0

    Still Awake by Ghostrifter Official https://soundcloud.com/ghostrifter-official/ Creative Commons — Attribution-ShareAlike 3.0 Unported — CC BY-SA 3.0