お知らせ

    紀南アート・ラジオ#13を配信しました

    紀南アートウィークの活動の中で登場する様々な専門用語や、普段ちょっと聞き馴染みのない言葉たちの意味、その狙いなどを、実行委員長の「やぶさん」こと藪本さんに根掘り葉掘り聞いてみるコーナー、【ちょっと待って!やぶさん】

    今回は、10月に開催した「みかんかく」について、振り返ってみて感じたことなどを聞いてみました。

    ・実は熊楠インスパイアだった

    ・展示のない芸術祭?

    ・混ざりあうような場たち

    ・多文化共生より、食い合うような関係

    ・共に食を囲むことがなぜアートなのか

    ・想像力の展覧会

    ・目隠しプレイが続出

    ・手で見る、色までも見る

    ・みかんでご飯を炊く未来

    ・来年はどういう風にやりましょうか

    どうぞお楽しみください。

    【会話中に出てきたキーワードなどのご紹介】

    ■『みかんかく』

    ■「未完の天才 南方熊楠」志村真幸 著

    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000379390

    – – –

    ▼モデレーター

    下田 学(紀南アートウィーク)

    ▼ゲスト

    藪本 雄登(紀南アートウィーク)

    ▼紀南アートウィーク 公式HP

    https://kinan-art.jp

    ▼BGM提供

    AWAYA / あわ屋(サウンドアートユニット)

    ⁠http://www.awayajp.com/⁠