イベント

みかんマンダラ展 オープニングトーク

10月6日 (木) 19:00 〜

tanabe en+(タナベエンプラス)

〒646-0031 和歌山県田辺市湊41−1

定員25名

参加費無料

申込

紀南アートウィーク実行委員会では、和歌山県紀南地方の地域資源である柑橘をテーマとした本年度のアートプロジェクト「みかんコレクティヴ」を実施しており、2022年10月6日 (木)〜10月16日 (日)の11日間にわたり和歌山県田辺市複数箇所にて「みかんマンダラ展」の作品展示及び関連イベントを開催いたします。

開催に伴い、展示アーティストのご紹介を中心としたオープニングトークを開催いたします。 これまで、あまり語られてこなかったみかんと、アート・神話・哲学・人類学・植物学・デザインなどの他分野との接合点を探り、和歌山を代表する博物学者、南方熊楠がこの熊野の地で見出したような宇宙的な広がりを持つ、新たな集合知=マンダラを、現代アーティストの方々と共に表現します。各展示会場には展示テーマを設けており、そのポイントをお伝えします。

日時:10月6日 (木) 19:00 〜 
場所:Tanabe En+ 2階セミナールームでのオフライン参加+オンライン配信
参加費:無料
定員:25名

藪本 雄登(紀南アートウィーク実行委員長)

1988年生まれ、和歌山県紀南地域出身。十数年に渡り、カンボジア、ラオス等に居住し、各地のアートコレクティブ等への助成や展示会の支援を行っている。現在、アジア地域の神話、伝説、寓話や民俗等に関心を持ち、秋田公立美術大学 博士課程にて、人類学、民俗学と現代アートについて研究を行っている。主な展覧会として、「紀南アートウィーク2021」、「水の越境者(ゾーミ)たち-メコン地域の現代アート-」展(大阪)、「アナルコ・アニミズム -まつろわぬ生命-」展(宮城、本年8月20日〜)等がある。