お知らせ

紀南ケミストリー・セッション vol.3 『道をめぐって – 移動が生む社会、文化の変化 – 』 アーカイブ動画

8月28日に開催した、オンライン・トークセッション『紀南ケミストリー・セッション vol.2』のアーカイブ動画をアップいたしました。

第3回となる今回は『 道をめぐって – 移動が生む社会、文化の変化 – 』と題し、熊野古道をはじめとした『道』そのものをテーマにとするトークセッションを、オンライン配信(無料)にて開催いたしました。

ゲストには、『ストリートの思想』などの著書もあり、現代美術への造詣も深い社会学者の毛利嘉孝さんと、世界各地の道を踏破しながら熊野古道のガイドもされている絵地図作家の植野めぐみさん、熊野古道の様々なルートを人力で踏破しながらその魅力を発信されている坂本このみさん、の3名の方々をお迎え。

熊野の道や世界の道を舞台に、歩くことや移動することが、社会に、文化にどういった変化をもたらしてきたのか。 それぞれの領域で深く道と関わってこられたゲストの視点から、『道』を改めて捉えなおす白熱のセッションとなりました!

.

【紀南ケミストリー・セッション vol.3 開催概要】

タイトル:『 道をめぐって – 移動が生む社会、文化の変化 – 』
日 時:2021年8月28日(土) 19:00~20:30
     ※アフターサロンは20:30~
会 場:オンライン(ZOOMウェビナー)
参加費:無料
登壇者:毛利嘉孝 さん(東京藝術大学 教授 / 社会学者)
    植野めぐみ さん(絵地図作家)
    坂本このみ さん(熊野ログ管理人)
モデレーター:宮津大輔(紀南アートウィーク アーティスティック・ディレクター)
総合司会:森重良太(地域活性化プロデューサー)