コラム

    紀南ケミストリー・セッション vol.1 『なぜ、いま、紀南アートウィークか』 アーカイブ動画をアップいたしました

    3月に開催した、オンライン・トークセッション『紀南ケミストリー・セッション vol.1』のアーカイブ動画をアップいたしました。


    第1回は「なぜ、いま、紀南アートウィークなのか」をテーマに、本プロジェクトの総合プロデューサーである藪本雄登と、アーティスティック・ディレクターである宮津大輔氏によるトークセッションを行いました。

    開催への想い、紀南の魅力、アートの価値とは?
    様々な話題が飛び出した充実のセッション、ぜひご覧ください。

    【紀南ケミストリー・セッション vol.1 開催概要】

    タイトル:『なぜ、いま、紀南アートウィークなのか』
    日 時:2021年3月5日(金) 19:00~20:30
    会 場:オンライン(ZOOMウェビナー)
    参加費:無料
    登壇者:宮津 大輔(アーティスティック・ディレクター)
        藪本 雄登(総合プロデューサー)
    総合司会:森重良太(地域活性化プロデューサー)