みかんの苗木の旅通信 vol.5 : 廣瀬智央

HIROSE Satoshi: A Journey of Citrus Sapling

2022年10月にスタートした廣瀬智央氏のアートプロジェクト「コモンズ農園」の一環として発信している「みかんの苗木の旅」通信。

こちらは、過去にご参加いただいた約30組の苗木の里親ボランティアの皆さまに向けて、廣瀬さんが不定期でお送りしているニュースレターです。

HPでもシェアさせていただきますので、ぜひご一読ください!

(Main Photo: Manabu Shimoda)

【アーティスト:廣瀬智央 HIROSE Satoshi】

1963年東京生まれ。現在ミラノ在住。イタリアを拠点に、日本、アジア、ヨーロッパなど世界各地の多数の展覧会に参加。廣瀬智央は、インスタレーション、環境への介入、パフォ−マンス、彫刻、写真、ドローイング、そしてより大きな意味でのプロジェクトなどのメディウムを使い、詩的な作品を創り出す現代美術家です。境界を越えて異質な文化や事物を結びつける脱領域的な想像力が創造の原理となっており、目に見えない概念を目に見えるものへと転換する試みが、廣瀬の作品に一貫してみられます。日常の体験や事物をもとに、新しい価値の創出や世界の知覚を刷新する表現をつくりだしています。19年間継続する母子生活支援施設の母子たちとの長期プロジェクトや、展覧会で使用した素材を地域の人々と協働し、循環させるアートプロジェクトにも近年取り組んでいます。